アトラクト

アトラクト

LARGO BLOG(ラルゴブログ)

Artek 100 Screen パーテーション – アアルトの生む曲線の壁

Artek(アルテック)のパーテーション、100 スクリーンは、空間を自由に仕切ってくれるアアルトの生んだ曲線の壁。

幅25mm、長さ150mm、厚さ12mmのパイン材の棒を、縦にしてその数80本、ワイヤーで連結したものがこの100 Screenです。単純に計算したら幅25mmのものを横に80本連結しているわけですので、製品自体のサイズはW200mm×H150mmとなりますが、これでは縦横2m×1.5mの薄っぺらな板ですのでパーテーションとしては自立しません。

Artek 100 Screen パーテーション – アアルトの生む曲線の壁

写真のように自立させるためには、このスクリーンにカーブをつける必要があります。前に後ろに波のようにカーブを描きながら、自立させて使うのがこの100 Screenなのです。

なお製品自体の幅は2mですが、カーブをつけることでスクリーンとして自立させた時の幅は大体1.5m前後となります。

Artek 100 Screen パーテーション – アアルトの生む曲線の壁
Artek 100 Screen パーテーション – アアルトの生む曲線の壁

手でカーブを描いて行くようにスクリーンをお好みの形に折り曲げるわけですが、ここでアアルトならではの彗眼に触れることになります。このスクリーンを構成する80本の細長いパイン材の1本の横方向の幅が25mmというそのことです。

実際にカーブを加えて行く作業をすると、この25mmという幅がそれ以上でもそれ以下でも、あまりうまく機能しないのではないかということに気付かされます。この25mmという寸法幅を持って、比較的容易に折り曲げて行くことができ、かつそこに現れたスクリーンの各々のカーブは、アアルトの施した建築やプロダクトの曲線に寸分符合するという、いわば奇跡のようなものです。

Artek 100 Screen パーテーション – アアルトの生む曲線の壁
Artek 100 Screen パーテーション – アアルトの生む曲線の壁

次に100スクリーンの使用例をスタイリングして見ました。

最初のシーンは100スクリーンをお部屋の間仕切りとして使用する例です。アルテックのKAARI(カアリ デスク)でしつらえたワーキングスペースと奥のソファの置かれたスペースを100スクリーンで間仕切って見ました。

それぞれを独立したスペースに変える方法ですが、その各々のスペースがたとえ極小のスペースであっても、100スクリーンの無垢のパイン材の壁が、家具の一部のような雰囲気を漂わせることで、パーテーションでありながら柔らかく温かい印象を場に与えることで全く狭さを感じさせません。

Artek 100 Screen パーテーション – アアルトの生む曲線の壁
Artek 100 Screen パーテーション – アアルトの生む曲線の壁
Artek 100 Screen パーテーション – アアルトの生む曲線の壁
Artek 100 Screen パーテーション – アアルトの生む曲線の壁

空間の独立性は保たれ、単に壁を作るのではなく、インテリアの一部としての100スクリーンの立ち位置が垣間見られるワンシーンとなりました。

Artek 100 Screen パーテーション – アアルトの生む曲線の壁
Artek 100 Screen パーテーション – アアルトの生む曲線の壁
Artek 100 Screen パーテーション – アアルトの生む曲線の壁
Artek 100 Screen パーテーション – アアルトの生む曲線の壁

いかがでしょうか。次はこの100スクリーンを間仕切りとしてではなく、壁の前の衝立として使用して見ました。

お部屋の中にどこか1ヶ所見せる場所、インテリアを楽しむ場所、アクセントとなる場所、そんなことを意識した100スクリーンによるスタイリングです。

Artek 100 Screen パーテーション – アアルトの生む曲線の壁
Artek 100 Screen パーテーション – アアルトの生む曲線の壁
Artek 100 Screen パーテーション – アアルトの生む曲線の壁

いかがですか。壁面の一部を上手に、お洒落に変身させる100スクリーンの真骨頂ですね。
ここではお好みのランプを天井からスクリーンの前に下げ、アルテックのトローリーを置いて演出します。

Artek 100 Screen パーテーション – アアルトの生む曲線の壁
Artek 100 Screen パーテーション – アアルトの生む曲線の壁
Artek 100 Screen パーテーション – アアルトの生む曲線の壁

トローリーの上に季節の花や、お好みのインテリアアクセサリーを置いてみたり、お茶のひと時の場所にしてみたりと、楽しさとくつろぎの倍増する空間に変身しました。

いかがでしたでしょうか。アアルトのカーブが生み出す、柔らかで温かい空間が、あなたの暮らしに更なる彩りを添えてくれることでしょう。

Artek(アルテック)製品のご購入はこちらから

Artek(アルテック)

Artek(アルテック)製品一覧(オンラインショップ)

当店アトラクトは、四国 高知にある Artek(アルテック) 製品の正規販売店です。製品に関する内容は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

アトラクト・ラルゴ店
高知県高知市南久保10-28 〒781-0087
電話/088-880-9877 FAX/088-880-9878
www.attract-em.com

メールでのお問い合わせはこちらから
info@attract-em.com


この記事を書いた人

アトラクト

アトラクト

四国の高知にある㈲アトラクトは、ラルゴ店とイーエム店の実店舗2店舗と、オフィシャル・オンラインショップおよび楽天市場・Yahoo!ショッピングにてオンラインビジネスも展開する会社です。北欧家具をはじめとするインターナショナルなラグジュアリーブランドの他、インテリアからファッション、デザイン雑貨に至るまで、機能美とデザイン性を重視した厳選商品を取り扱い、それぞれの持ち場でプロフェッショナルを目指して日々精進しています。

関連記事

  • 北欧インテリアに相性ピッタリ「マルニ60」ソファ

    北欧インテリアに相性ピッタリ「マルニ60」ソファ

    アトラクト・ラルゴ店に再入荷した「マルニ60」ソファ。フレームは天然の北米産レッドオークのツヤを抑えたウレタン樹脂塗装仕上げ。ファブリックは両面モールスキンのダブルフェイス、ミナペルホネンの「ドップ タンバリン」。単価はその分上昇しますが、大変人気の色柄となっています。 また、この写真のように ...

  • 2017年 本年も大変お世話になりました。

    2017年 本年も大変お世話になりました。

    2017年のアトラクトの営業は本日で終了です。 本年の皆様のお引き立てに厚く感謝申し上げます。 新年2018年はアトラクト・イーエム店、ラルゴ店、 WEBショップとも1月2日(火)よりの通常営業と なります。 今年はお世話になっている花屋さんにシンプルな 門松をつくっていただきま ...

  • 新しいリラックスの方法を形にしたソファ、プラド

    新しいリラックスの方法を形にしたソファ、プラド

    2014年、リーンロゼが発表した新作ソファ・プラド。 その新しい発想は、人々を驚かせるような仕組みを持っています。 新しくソファをデザインするとき、形を重視し、新しいアクセントを付け加えるのが普通ですが、プラドの場合は、人の生活や行動の研究からスタートしています)は、それぞれ分かれた ...

  • すべての人の暮らしに良いデザインを

    すべての人の暮らしに良いデザインを

    Artek(アルテック)のテーブル   家で過ごす時間が増えた今、あらためて北欧インテリアを取り入れてみてはいかがでしょう。 北欧の国々では、暗く厳しい冬を外に出ずに過ごすために、 家の中をできる限りキレイに快適に過ごせるように居住空間が発達してきました。 人々の家具や雑貨へのこだ ...

  • コンフォートに優れたチェア、CH36

    優雅に佇む直線的なデザインが、すっきりとして美しい印象のダイニングチェア CH36は、ハンス・J・ウェグナーの作品です。 カールハンセン製品ではもはや定番のペーパーコードを座面に張り、 シェーカー家具をイメージしたナチュラルでシンプルなフォルムとなっています。 1962年にデザインをされたC ...

SEARCH
SHOP

アトラクト・ラルゴ

TEL:088-880-9877
受付時間:10:30〜19:00
(年中無休)