DICE(ダイス)スチールキャビネットを2つ並べてみました

組み合わせ自由な収納棚が見せる
北欧モダンなインテリア

4つサイズバリエーションで展開する人気のDice(ダイス)スチールキャビネットを2つ並べてみました。

デンマークデザインユニットSays Who(セイズ・フー)によって生まれたシンプルなフレーム構造の飾り棚Dice(ダイス)。
オークの棚板と、シンプルな黒のスチールフレームがキリッと爽やかな空間を演出してくれます。

各サイズのキャビネットの棚はそれぞれ絶妙な間隔の棚板で仕切られており、飾られる小物たちをさらに際立たせてくれます。

下の写真は、4つのサイズの中で一番大きなDice121と三番目のサイズDice100を組み合わせたものです。
左からW700mmとW1000mmの組み合わせですので、トータルの幅が1700mmとなっています。

左右入れ替えても結構ですし、お部屋に合わせてを4つのサイズからお選びいただき、単体で使っても組み合わせてお使いいただいても素敵なインテリアとなります。

DICE(ダイス)スチールキャビネットを2つ並べてみました

DICE(ダイス)スチールキャビネットを2つ並べてみました

DICE(ダイス)スチールキャビネットを2つ並べてみました

 

オーク棚板とブラックスチールの絶妙なマッチング

棚板および仕切りはオーク材を使用。
ウッディな感覚の中に、黒いスチールフレームとの取り合わせがモダンな装いを見せてくれています。

DICE(ダイス)スチールキャビネットを2つ並べてみました

 

完全にサポートされた棚板

棚板の裏面はフレームから直角方向に突き出したスチールの棚受けで支えられ、さらにビス留めされています。
棚板が動くことはなく、しっかりフレームと一体になっています。

DICE(ダイス)スチールキャビネットを2つ並べてみました

DICE(ダイス)スチールキャビネットを2つ並べてみました

 

フレームの継ぎ目部分も全く目立ちません

直角および垂直方向に交わる部分のスチールフレームは塗装によって継ぎ目は見えません。
これによってさらに一体感を生み、シンプルな構造が際立っています。

またフレーム自体の厚みも適度なサイズで、どのアングルから見ても美しい佇まいを見せてくれます。

DICE(ダイス)スチールキャビネットを2つ並べてみました

DICE(ダイス)スチールキャビネットを2つ並べてみました

 

収納棚を横に並べても自然な一体感

キャビネットを横方向に連ねた場合の脚部も、全く厚みを感じさせず自然なフォルムを見せてくれます。

空間にフレキシブルに対応してくれるDice(ダイス)キャビネットであなただけのコーディネートを楽しんでください。

 

DICE(ダイス)スチールキャビネットを2つ並べてみました

アトラクトラルゴ
〒781-0087
高知市南久保10-28
TEL.088-880-9877

関連記事

  • ガレット日和 vol.145(5月20日)bar buenos aires イベントその後

    丁度先週の土曜日は、バー・ブエノスアイレスのイベントが行われた日でした。瞬く間に1週間。イベントの翌週は東京への展示会出張やら愛媛でのインテリア展の準備などで、やっと今日PCの前に座っています。 イベントの模様は改めてスタッフブログやHPのアーカイブに掲載の予定です。それにしても、たくさんのお ...

  • ピアノとチェロの気まぐれコンサート「AU CLAIR DE LA LUNE」

    先日の日曜日の夕方、10月の12日土曜日に行われる表題のコンサートのリハーサルが行われました。出演者はやすみつ まりこさん(ピアノ)、門脇加江子さん(ピアノ)、柳橋泰志さん(チェロ)の3氏です。 リハーサルと言えどもさすがに圧巻であり、会場やそれぞれの音のバランスなど打ち合わせも真剣そ ...

  • 新年明けましておめでとうございます

    2020年あけましておめでとうございます。 アトラクト・e/M店、アトラクト・ラルゴ店、アトラクトWEB SHOPともども、本日1月2日より新年の営業を開始いたしました。 新しい年、皆様と共に躍動し、さらに新しい感動をお届けできるように、アトラクトスタッフ一同精進を重ねてまいります。 ...

  • 2018 バレンタイン・コラボ企画・アトラクトラルゴ

    長く待たれていたカールハンセン&サン社の「ブラックホームコレクション」。昨日到着し展示されました。 今回はBRAUN社のブラック小物とのコラボレーションでアトラクト・ラルゴ店独自の企画となっています。 「THE BLACK HOME COLLECTION」はブラックやグレーといったシ ...

  • ガレット日和 vol.109(1月9日)

    BOOKS 30 60 90 のCDコーナー Henning Schmiedt 鍵盤をめぐるパッセージ Henning Schmiedtとの出会いは、東京に行けばいつもよく通っていた地下1階にあるお洒落な洋書店でのこと。 Press Quotesの[ピアノの音に最初に「美しい」と思わせ ...

INSTAGRAM
SHOP

アトラクト・ラルゴ

TEL:088-880-9877
受付時間:10:30〜19:30
(年中無休)
info@attract-em.com