Quiet Corner -心を静める音楽集- Web連載 第7回

Quiet Corner -心を静める音楽集- Web連載 第7回

Various / Quiet Corner – Ma Fleur

日に日に景色は秋めいて、吹き抜ける風も心地よく、シャツ一枚では肌寒いのでジャケットを羽織ろうかどうか迷う時があります。そんな衣替えの時期ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 僕は、ここ数日、めずらしく忙しい日々を過ごしておりまして、というのは、実は8月末に7年ぶりに本を上梓しまして、そのプロモーション活動に励んでおりました。

本のタイトルは『クワイエット・コーナー 2 ~ 日常に寄り添う音楽集』です。こちらは、「センシティヴ」で「インティメイト」を通奏低音に、12のテーマで自由な音楽地図を描きながら、ジャズ/ワールド・ミュージック/シンガー・ソングライター/チルアウト/ベッドルーム・ポップなど、多様なジャンルの作品を約400枚セレクトしたディスクガイド本です。コロナ禍以降、ゆったりと自宅で音楽に癒されたい、もしくは、何か新しい音楽との出会いを見つけたい、という多くのリクエストを頂きましたので、それでに応えるべく、今年の春から制作に取り掛かりました。基本的には、2014年に作った『クワイエット・コーナー ~ 心を静める音楽集』を踏襲したデザイン~レイアウトですが、中身はきちんとアップデートしていますので、熱心な音楽ファンの方もお楽しみ頂けると思います。本の中では、いくつかコラム・コーナーが用意されていて、今回特別に山原基代信さんにもご執筆頂きました。

ということで、今回は本書で掲載されている作品の中から、落葉の季節に聴きたい美しくメランコリックな音楽を紹介いたします。まずは、手前みそで恐縮ですが、本と同時リリースされたクワイエット・コーナーのコンピレーションCDシリーズ最新作『Quiet Corner – Ma Fleur』から。ご覧の通り、ジャケット・デザインも一新を図り、仕様もリニューアルしました。表紙に飾った花のイラストは、本の挿絵を担当している服部あさ美さんによるものです。内容はディスクガイド中の章の一つでもある「Ma Fleur(=私の花)」をテーマに、女性ジャズ・ヴォーカルやアコースティックなシンガー・ソングライター、ピアノのインストゥルメンタルを中心に、インティメイトな芳香漂う、とっておきの名曲・名演を収録しております。全体的にスローでゆったりとした雰囲気の曲を集めましたので、お食事時や寝る前のBGMにぴったりかと思います。

Quiet Corner -心を静める音楽集- Web連載 第7回

Helen Merrill / Parole E Musica

Quiet Corner -心を静める音楽集- Web連載 第7回

Kat Edmonson / Dreamers Go

続いては、ヘレン・メリルの『Parole e Musica』です。これは彼女が1960年のイタリア滞在期に吹きこんだ貴重な録音盤。日本では『ローマのナイトクラブで』という邦題で知られているこのアルバムで、イタリア映画音楽の巨匠ピエロ・ウミリアーニと共演しており、ウミリアーニが編曲とピアノ、ニニ・ロッソがトランペット、ジノ・マリナッチがフルートなで参加しています。曲が始まる前に、イタリア語のナレーションが収録されていて、何ともおしゃれな魅力を放っている一枚です。ヴァーノン・デュークが書いた名曲「Autumn in New York」のカヴァーが何ともロマンティック。

もう一枚も女性ヴォーカルで、キャット・エドモンソンです。テキサス出身。ブロッサム・ディアリーを彷彿させるキュートな歌声が魅力的で、本格派ジャズ・ヴォーカルというよりは、もっとカジュアルで親しみやすいポップな印象を備えています。今作は、古き良きアメリカン・ポップスのスタンダード曲を歌ったカヴァー集です。お馴染みのディズニー・ソングから、「Singin’ in the Rain」や「What A Wonderful World」といった有名曲まで。きっとどこかで耳にしたことがあるメロディーが、彼女の歌声で新たによみがえります。またサウンド・アレンジも面白く、二胡や琵琶、アフリカの楽器コラなど、世界中の民族楽器を使っていて、さながら“イッツ・ア・スモール・ワールド”的な世界観を構築していますが、まったく違和感なく、本当に夢見心地にさせてくれるのです。

【プロフィール】
山本勇樹
HMV本部にて商品バイイングを担当する傍ら、ラジオやUSENの選曲、数多くのライナー・ノーツや雑誌への寄稿を行い、2014年には書籍『クワイエット・コーナー~心を静める音楽集』を刊行。過去に文具ブランドのデルフォニックスや洋服ブランドのニシカとコラボレーションを実現。また友人の吉本宏と共にbar buenos airesの活動も行う。2016年にはモントルージャズ・フェスティバル50周年の公式リポートを担当した。2020年12月に韓国にてクワイエット・コーナーの新刊を出版。2021年8月には、7年ぶりの新刊『クワイエット・コーナー 2~日常に寄り添う音楽集』を刊行。
https://vilakitoco66.wixsite.com/mysite

  • バング&オルフセン製品のご購入はこちら
PROFILE

山本勇樹

HMV本部にて商品バイイングを担当する傍ら、ラジオやUSENの選曲、数多くのライナー・ノーツや雑誌への寄稿を行い、2014年には書籍『クワイエット・コーナー~心を静める音楽集』を刊行。過去に文具ブランドのデルフォニックスや洋服ブランドのニシカとコラボレーションを実現。また友人の吉本宏と共にbar buenos airesの活動も行う。2016年にはモントルージャズ・フェスティバル50周年の公式リポートを担当した。2020年12月に韓国にてクワイエット・コーナーの新刊を出版。2021年8月には、7年ぶりの新刊『クワイエット・コーナー 2~日常に寄り添う音楽集』を刊行。